JCが好きだから中学生のおっぱいを盗撮しました。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

盗撮するのが好きなんです。
まるで盛りのついた猫のような長い泣き声だった。
マンスジを見て素直に喜べたのです。
パンチラを見て素直に喜べたのです。
今まで聞いたことのない悶え声が出たのです。
個人撮影が出来て、ご満悦な表情になったのです。
それは確かにいつもとは、明らかに違ったものでした。
手で摩っていると、パンツが漏れてきたことに気がついたのです。
目の前のお腹の肉が波打って泣き声が大きく響き渡りました。
すぐに抱きたくなったのです。
むき出しの下半身の真ん中は唾液と熱い粘液に濡れ光っていたのです。
今までに無いくらい興奮したのです。
生写真を見ていました。
まして、こんなところで、マンコを撮ることは絶対にありません。
液が溢れてくる奥に一指し指を突きいれてみました。
いつか個人撮影できないか期待しながら、その場にいたのです。
指を入れたままじっと動かさないでいたのです。
再び、裏DVDを見れるなんて、ほんと夢のようです。
深く差し入れた指先が圧迫されて締めつけられていました。
タテスジが見れるるまで諦めません。
暖かく滑った愛液がしとどに溢れてきました。
掲示板を見ることが出来て良かったと思いました。
妊娠したことを知って体から力が抜けました。
今回が初体験なのです。
細かく舐め続けることに夢中になっていました。
連絡出来るか色々考えています。
力が抜けていくのと一緒に、微かに塩味のする液体が流れ出てきました。
かろうじて薄手の布で隠されています。
小さな音を立てるほどの噴出だったのです。
胸の膨らみは、はっきり分かります。
膝が開閉しては悶えていた腰が静止して、膝だけが細かく痙攣してました。
パンツを脱ぐように命令したら困った顔をしていました。
股間を広げて、ワレメをより見えやすくしてくれました。
太股に力が入ると苦しいほど締めつけられるのです。
何度も、流出したのを見る必要もありません。
内股に閉じた股間からゆっくりと抜きだしました。
盗撮していたところです。
恥ずかしそうにクッションで顔を隠しながらくぐもった声で囁いたのです。
細かいことを考えず、楽しむことにしました。
夢中になっていて気づかなかったけれど、膝をつたい落ちた愛液が床に溜まってました。
せっかく、来たので抱きしめようとしたのです。
下腹にくっつきそうなほど怒張しそうになってました。
いつまでも、巨乳を見たいと考えていました。
それから一言も発せず黙々と、割れ目を見てました。
胸のなかで首に手を回し、こちらを見つめてました。
そのうち大胆にも、丸見えにするようになったのです。
刺激を求めて、盗撮しました。
息を殺して人がくるのを待っていました。
モザ無しを見てました。
とても、高画質だったのです。
哀願するような瞳に見つめられ目のやり場に困りました。
知り合いに気付かれて取りやめになりました。
後背位で奥深くまで激しく突かれるのを好きなのを知ってました。
妹は、すでにその気になっていたのです。
触れられるだけで透明な液が染み出すほど射精したかったのです。
お願いすれば、きっとしておいてくれます。
もし美人だったら、たっぷり可愛がってやろうと思いました。
また、アナルを見たくて悩んでいます。
つくづく、お尻が好きなんだと思いました。
まだ湿り気を帯びた奥に、先端が吸い込まれたのです。
そして、マンスジを見たい気持ちが伝わってきたのです。
言われるがままにしようと約束したことを思い出したのです。
たっとえ苦労してでも、オメコを見たかったのです。
薄闇の中で瞳だけが微かに光って見えました。
濡れたため透けてしまい、スジマンの形が分かったのです。
まっすぐにこちらを見つめながら、艶やかな声で囁きました。
流出したのを見て、自分で性欲を処理しました。
腰を大きく開いた股間に限界まで押しつけたのです。
盗撮されても、構わないという姿勢です。
Tバックの食い込みの隙間に手を入れたくなります。
そのままにして、動かないで欲しかったのです。
うんちが漏れていたみたいです。
いつの間にか流出してくるのを待つようになったのです。
いつもなら入れてすぐに激しく体を動かし始めるのに今日はできないのです。
その子とは何もないまま終わりました。
ぐったりとしていて顔と上半身を布団につけていました。
されていることに気付いたのです。
部屋に入ったら、モロ見えにする予定でした。
しゃがんでいるところを盗撮されたのです。
先輩が肩をつかんで起き上がらせたのです。
しかし、何度見ても、まんこの形が良くて感心してしまうのです。
苦痛で歪む表情を見ながら腰を振りました。
それから話した記憶はほとんどなかったのです。
胸と下を少しだけ手で触って楽しんだのです。
その場はとにかく言われた通りにM字開脚しました。
おしっこを漏らしたのを知られないように隅に連れて行きました。
構わず腰を持ち上げスカートをまくり、そのまま再び繋がったのです。
ようやく、素顔を見せてくれました。
目が覚めたところでふらふらしながら外へ出ていきました。
何か理由があるのかなとは思っていました。
また、個人撮影することは気持ちを高める面でも大事なんです。
オシッコを漏らして濡らしてしまいました。
そのまま腰をつかみながら腰を降り続けて果てたのです。
いつも、派手な服を着ていたので目立っていました。
周りを気にせずに存分に楽しむ事ができたのです。
何を書き込もうか考え込んでしまいました。
パンチラを見て満足感が得られました。
性格ちょっときつめでしたが、でも笑顔がかわいいハーフでした。
かわりに迎えに来てくれたのかもしれません。
盗撮されたのを見て理屈抜きに興奮しました。
5年間ひきこもっていたある日、頭の中にある望みが沸き起こったのです。
つまり、Twitterに投稿するたびに喧嘩になるのです。
接続部を外して布団に倒れこんだのです。
大きく声を出し始めたので両手で頭をつかんだのです。
まずは、上から服を脱がしていくことにしたのです。
どうしたら、ワレメを見ることができるか考えるのが楽しいのです。
ブラウスのボタンを上から一つ一つ外していきました。
舐めたい欲望が沸いてくるのを押さえて触り続けたのです。
ボタンを全て外して、服を1枚ずつ袖から外していきました。
唇に微かに触れる感触に集中して力を入れたのです。
逆さ撮りして性欲が満たされたら、それで終わりなのです。
しばらく余韻に浸りながら服を着て部屋を出たのです。
脚を開いた瞬間を盗撮されたのです。
この日はそのままお開きになりました。
美少女を抱きしめると良い香りが鼻一杯に広がったのです。
モロ見えにされたことで、今まで感じたことのない快感がありました。
もちろん、肛門を見ることは出来なかったでしょう。
目はつむったままでしたが喘ぎ声を出していました。
腰の動きをさらに力をいれてスピードをあげたのです。
15歳を目に焼け付けました。
その日のことをあまりよく覚えていない子も少なくなかったのです。
接写されることを恥ずかしがる姿が、またいいのです。
充分時間をかけて胸を楽しんだのです。
気分がのっているうちに急いでパンツを脱がしたのです。
全員なかなか可愛い顔をしていました。
出そうになるといつものように拍子抜けした感じで抜きました。
後輩もその可愛い子を抱きたかったみたいです。
もう殆ど動けなくなっていました。
ウンコを漏らしてしまったのです。
生の方が圧倒的に気持ちよかったのです。
思いのほかすぐに腰が痙攣を始めたのです。
危険日じゃない事がある程度わかっていたのです。
今日はとことん我がままに付き合うことに決めたのです。
盗撮されそうになったので脚を閉じました。
妨害すれば全てを話すと脅されていたのです。
自分の中に留めず、流出させればいいのです。
必ず逆さ撮りできると思っていたみたいです。
布団に寝かせて再び両手を抑えたのです。
声が大きくなり頭髪をつかむ手に力が入ったのを感じました。
それぞれの自主性に任されていました。
最後はいつもと変わらないと思いました。
しばらくすると、戻ってきました。
あまりの気持ち良さに思わず喘ぎ声が漏れます。
眠っていても濡れるというのは学んでいたことです。
快感が全身にみなぎったのです。
途切れ途切れになりながらも声をあげていました。
確実に性欲が煽りたてられたのです。
目をつむって耐える顔になっていたのです。
いつの間にか夢中になっていたのです。
弱々しかったとはいえあんなに抵抗できるのが信じられませんでした。
会ったことが忘れられられません。
いつの間にか、盗撮されてました。
上から覗き込むとかなり苦しそうな表情をしていました。
嬉しくて注意力散漫になってました。
食い込みを隠し撮りしました。
表情が歪むのは感じているせいなのかもしれません。
何が写っているか、早く確かめたかったのです。
局部アップしたことを誤魔化すのが大変でした。
白いパンツが見え、じっくりと鑑賞しました。
エロい姿勢になってあげたのです。
扉を開けると、布団に寝そべっていたのです。
お尻に顔を見ながら、過ごすのが好きです。
さっき暴れたせいで、疲れてしまったのかもしれません。
不意のことに驚き喉を鳴らして液を飲み込んでしまったのです。
声が一層大きくなったのですが、まだ起きてはいなかったのです。
する気は一切なかったと言い訳したのです。
割れ目への食い込みを見て無心になりました。
そして、この日はもう1回中に出したのです。
舐めたら意味のわらない言葉を発しました。
終わって、ようやく眠りについたのです。
体を開発され、絶頂を教え込まれていくのです。
太股を抱えて立ち上がったのです。
そうやって時間をかけて、写真を撮りまくったのです。
つきあいはじめた頃は、まだ中二でした。
だめだと思えば他を探せばいいのです。
そして、寄り添うように眠りについたのです。
パンチラを見たら、いつもより気持ち良くなったのです。
狙っていた子を選ぶ事が出来たのです。
体が疼いてしまうくらい感じてしまうのです。
3人のうちどの子を相手するかを決めていくことになりました。
盗撮することで性的な快感を得たのです。
まずは、スカートをまくってみることにしました。
ヒモパンが汗でじっとりと股間に張り付いてました。
やはり、13歳と会ったことで気持ちの整理がつきました。
局部アップすることで、より強調しました。
もちろん、最初のうちは普通に盛り上がることができました。
図々しくならなければ、接写できません。
中一の体が未成熟でも、かえってそれがをしたい気持ちを高めるのです。
どんな話しをしようか考えていました。
妹と一緒にお風呂に入ってから、親密な関係になったのです。
おしっこのシミがついてました。
普通ならためらう所かもしれないのですが遠慮などしません。
しばらくしてから全員いい感じになっていったのです。
ここからの手筈はいつも通りだったのです。
中三と付き合うのが夢だったのです。
徐々に過激になっていく服装に目のやり場に困りました。
朝方に起き上がってもぞもぞしていました。
頭側に回って両手を抑えたのです。
生まれたままの姿になって楽しんでいました。
丸見えにされたことで、気持ちを奪われました。
そして、自分の股間に手を当てたのです。
写真を撮るための準備はしてきました。
ここまで、エロいとをするとは思っていませんでした。
落とした物を拾おうとしているところを盗撮しました。
一人は突っ伏してしまってなかなか動かなかったのです。
連れて出してからホテルを目指て真っ直ぐ歩きました。
そして裸になったことで、余計にそそられたのです。
信じられないといった表情をしていました。
エロいことが出来て、とても感激したのです。
手を出すのは、そう遅いことじゃなかったのです。
その子を中心にして周囲にはは輪ができていました。
嬌声が気になるので、そちらを見に行くことにしました。
やはり、エロいことをするのは嬉しいみたいです。
現場より離れたところから聞こえたのです。
素人がいいんだと思ってたけど違っていたのです。
顔に股間を近づけ咥えさせたのです。
それを告げると順番に抱くという事になったのです。
半分信じていない様子でしたが、覚えていないので信じるしかなかったのです。
確かに、おまんこの形がわかったのです。
これで身動きがとれなくなってしまったのです。
およそ自由とか娯楽などとは無縁の生活でした。
部屋が狭いこともあってホテルを使うことがほとんどだったのです。
お尻を見られているという意識はありました。
たった、一度だけですが、美人と性行為をしてしまったのです。
透けて、タテスジがくっきりと浮き出てました。
下着も脱がされ目からは涙が流れていたのです。
抱き抱えられるように部屋を出ていったのです。
自分からむしゃぶりついてるため声にならない喘ぎを出していました。
両膝を立てて座っていたので、盗撮しました。
声もほとんどあげる事なく、ほとんど動きもしませんでした。
他の子2人はソファで倒れるように眠っていました。
スカートのチャックを下ろし下着1枚にさせたのです。
そんな風に上手くいかない時も多々あったのです。
しかも一切の私語は認められていなかったのです。
むちむちとした太股の誘惑に去りがたいものがありました。
足を開かせ下着の上から少しだけ触れました。
しばらくすると、向こうの部屋から声が聞こえてきました。
両手をしっかりと固定しました。
顔出しするように迫られて、承諾してしまったのです。
ここからは、それぞれ選んだ相手と1組ずつ分かれていきました。
きっと、脚のスタイルの良さを自慢したくて丸見えにしたのでしょう。
食い込みが深く、クリトリスにまで届いてました。
人通りが全くないところへ連れて行く事になっていました。
自由恋愛が一切禁止されていたのです。
膣のところがシミになっているのがわかります。
腕を組みながら外へ出て歩き出したのです。
素人なのに不釣合いなものをはいてました。
高画質で見ることを好む傾向がありました。
/(-_-)\